塾代がきつくて払えない~高すぎる!代わりに何かいい方法ないの?

塾代がきつくて払えない、なにかいい方法は…ダンナの給料大幅カットを機に、中学生の長男は学習塾をやめ、それでも地区トップの希望校に進学。その「コスパ抜群」の学習方法を教えます。

*

こんにちは。埼玉県在住のさおりといいます。高校1年生と中学2年生の二人の息子がいるのですが、実は2年ほど前から家計がきつくて火の車…とても苦しんでいます。

学習塾はやめました

きっかけは主人の会社の組織改編で、肩書は変わらないのですが職階が相対的に下がってしまい、結果として手取り年収が20%ほど下がってしまったんですね。

 

我が家では以前から住宅ローンの返済負担がきつく、私も昼間は飲食店でパートをしているのですが、それでも収入は月数万円程度で決して十分ではありません。

 

家庭での生活費や、子供たちの部活等にかかる費用も増え、それに塾代などの教育費の負担がとてもきついです。

 

たまにお金が足りなくなると、カードローンで給料日まで借りることもありましたが、金利が高いのであまり使いたくないんです。そんな状況でしたから、「塾代なんてきつくて、とても払えない」というのが本音です。

 

住宅ローンだけではなく、これから子供たちを大学まで行かせる費用等を考えると、本当にきつくて頭が痛いです。特に私立に行きたい、となると、高すぎてとても払える状況ではありません。

 

そこで、たまたま主人の兄が東京都の教育アドバイザーをしていたので、いろいろと相談に乗ってもらいました。

 

義兄と主人も交えてミーティング(?)をして、結局当時中2の長男が行っていた塾をやめてもらうことにしました。後述しますが実は長男も、その塾はあまり好きではなかったみたいで、ちょうどよかったようです。

 

実は私自身も、数学の教員免許を持っていることもあって、塾に任せっきりにするのではなく、子供たちの教育にもっと直接関わりたいという気持ちが強かったことも理由の一つなんですね。

 

さて、結果としてですが…長男は昨年、この地区では一番偏差値の高い公立高校へ合格することができました

 

もちろん全国的な有名進学校ではありませんが、「地方都市のレベルの高い公立高校」程度であれば、特に「学習塾って特に必要ないのでは…」と強く思うようになりました。

 

そこで義兄に教えてもらったアドバイスをもとに、同じような悩みを感じている方々のために、私が長男と進めてきた勉強方法の体験談をお話ししていきます。皆さんのご参考になれば幸いです。

 

家庭での勉強方法

子供に正直に話すことから始める。

まず私たちが一番初めに始めたこと、それは長男に「家計がきつくて、塾代を払うのが厳しくなった。でも塾に行かなくても、それ以外の方法で、できるだけ勉強のサポートはするから。」と、包み隠さず正直に話すことでした

 

義兄からは、「絶対に「塾に行ってて、意味あるの?」とか、そう言って子供を丸め込んでやめさせるように誘導することは絶対しちゃいけない。正直に家庭の現状を話して、協力することを約束して、子供の信頼を得ることが大事。」というアドバイスを受けました。

 

長男は当然塾にはお友達がいるでしょうし、多少の反発は予想していたのですが、実際の反応は「いいよ」とあっさりしたものでした。

 

なんでも気に入らない友達がいたり、塾の先生の教え方もそんなに上手くないらしく、自分でも「塾代がもったいない」と感じていたらしいんです。ある意味、タイミングがよかったようです。

 

「自主学習」の考え方

さて、塾代を払えない→結果として塾をやめる、ということは、その分自分で勉強する(自主学習)ということになります。そして自主学習の内容としては、大まかに二つに分けることができます。それは、

 

 学校での授業を理解する勉強。

 受験に向けて、実力をつける勉強。

 

今まで塾で習っていた、すなわち「勉強する機会を、与えてもらっていた」わけですが、これから自分で勉強するとなると、「自分から勉強することを探して」やる必要がでてきます。

 

もちろん学校の教科書での予習・復習も大事ですが、今はそれ以外にも良いサポート教材が沢山あります。

 

学校の授業を理解する勉強

「学校の授業を理解する勉強」のサポートに関しては、一番適しているのは「スタディサプリ」だと思います。

 

ご存知の方も多いと思いますが、スタディサプリには二つのコースがあります。ちょっと話はそれますが、ここで今まで払っていた塾代も含めて、ざっくりとした年間のコスト比較をしてみましょう。

・年間塾代 約300,000円 (月間24,000円+教材費)
・スタディサプリ 個別指導コース 約130,000円
・スタディサプリ ベーシックコース 約13,000円

我が家はこの年間塾代30万円がきついと感じ、息子には塾を辞めてもらったわけですが、 スタディサプリの個別指導コースにしようかどうか、とても迷いました。

後述しますが、いろいろと迷って最終的にたった一つの大きな理由から個別指導コースを選択しました。年間13万円、月額で1万円ちょっとなら私のパート代で頑張ればなんとかなりそうだとも思ったからです。

それではスタディサプリの良い点を見ていきましょう。

 

動画を豊富に使い、どれも分かりやすい。

私も数学の動画をいくつか見たのですが、衝撃を受けました。どれも本当に分かりやすいんですよ。「塾代が払えない…」とか悩んでいたのが、馬鹿らしく感じたくらいでした(笑)。

 

それもそのはずで、リクルートが全国から集めた選りすぐりの講師陣によるレッスンビデオなので、そこら辺の学習塾よりもずっとわかりやすいのは納得できます。

 

また該当の科目の一覧から動画を選ぶことができるので、例えば苦手な分野の動画等を簡単に選ぶことができます。いちいち前の教科書を引っ張り出してくる必要もありません。

 

また動画に使用するテキストもダウンロードできますから、とても合理的です。

 

我が家では以前、教材が毎月届くタイプの通信講座をやっていましたが、やらないまま溜まっていく一方でした(笑)。スタディサプリでは、そんな心配もありません。

 

全国公立中学の教科書に対応している。

教科書に対応している、ということは、スタディサプリは学校の定期試験の対策にもそのまま使えるということです。つまり塾で勉強していることと、ほぼ内容は変わらないでしょう。

 

また各章の終わりに練習問題も付いていますから、テスト勉強にも最適です。

 

先取り学習に使える ← これ、重要です。

スタディサプリについてですが、ママ友たちとお話をするなかで「うちの子供は、ちょっと簡単すぎる、って言ってるわ」という話をたまに耳にします。

 

確かに優秀なお子さんですと、学校の授業で「わからないことがない」ということもあるでしょから、ある意味復習教材としては簡単すぎるかもしれません。

 

ただここからがスタディサプリの真骨頂で(笑)、これから学習していく内容を、簡単に先取りして勉強ができる、という大きなメリットがあります。

 

つまり中1であれば中2の内容を、中2であれば中3の内容を、といった感じで先取りが簡単にできるわけです

 

といっても、とりあえずは動画を見るだけで十分だと思います。まだ習ってない部分の動画を先に見ることで、その部分の概念的なことが、情報として頭に入ってきます。それだけでも十分でしょう。

 

もし本人が興味を示せば、テキストをダウンロードして問題を見るようになるでしょう。そうなれば、これからの学校の授業が、ものすごく簡単に感じるはずです。

 

実際、ウチの長男は国語や英語は、学校でやっているところの予習・復習にスタディサプリを使っていたのですが、数学に関してはどんどん先の章に進んでやっていたようです

 

そのおかげか、中3になったときに数学の成績が異常に伸びたんです。中2の時は、学年で真ん中ぐらいの順位だったのに、中3になってから数学だけはテストで学年上位10名以内の順位まで上がりました。中間も期末もほぼ満点で、私が一番びっくりしました。

 

長男曰く、「スタディサプリで先にやってたから、わりと簡単だった。」とのことですが、まあ好きな科目だったから先んじて勉強する気になった、という側面はあるでしょう。

 

またこの先取り学習は、受験の時期になった時に、ものすごくアドバンテージになるような気がします。というのは、ビデオを見るだけで、短時間である程度深いところまで理解することができるからです。

 

個別指導コースなら「質問ができる」 ← 結局これです。

スタディサプリは月額約1万円で「個別指導コース」を選ぶことができます。このコースでは担当コーチが付いて、勉強スケジュールを作成してくれたり、高校受験の対策指導等もやってもらえるとのことなのですが、我が家がこのコースを選んだ最大の理由は、ネット環境のなかで「質問ができる」ことでした。

 

塾に行かないという選択は、「自ら勉強しなければいけない」ということになります。そうするとどうしても、「わからないこと」に対してどうやって対処するかという問題に直面します。

 

英語や国語などの暗記中心科目であれば、答えを見れば理解できるケースが大半でしょう。でも数学とかプロセス理解が必要な科目は、答えを見ても理解できないケースも出てきます。受験レベルの問題となると特にそうなりますし、毎回学校の先生に質問するわけにもいかないでしょう。

 

そんなとき実際に息子は、こんな方法で担当コーチに質問をしていたようです。

 

・途中まで解いたわからない問題と、回答部分に「ここがわからない」と書いて、それを携帯カメラで撮って担当コーチに送る

 

・担当コーチはそれを見て、別の紙に解説・説明を書いてくれて、それを携帯カメラで撮って送り返してくれる

 

もちろん家庭教師のように、目の前でリアルタイムに教えてくれれば一番よいのですが、それでもこうやって質問ができるシステムがあるのは、息子もとても心強かったようです。質問を送るのには時間を選びませんし、ほとんどのケースでは翌日までには返事が返ってきたようです。

 

前述の通り息子の数学の成績が飛躍的に伸びたのも、「先取り学習」でわからないことがあった時に質問ができた環境があったというのが、大きな理由の一つだと思います。

 

また担当コーチは基本的に現役大学生のようで、採用に関しては試験と面接もあるようなので、変な担当コーチにあたることはまずないでしょう。また人見知りをするお子さんであれば、対面指導よりプレッシャーを感じないかもしれません

 

とにかく月間約1万円であることを考えると、十分に価値がある指導法だと断言できます。

 

2週間の、無料お試しがある。

スタディサプリは2週間のお試し期間があります。とりあえず申し込んで、もしお子さんが合わなければ、やめればいいだけです。

 

ただ長期的に見て、これ以上コスト対効果の高い教材は、おそらく他にないでしょう。

 

受験に向けて、実力をつける

ひたすら問題を解く!

では次に「受験に向けて実力をつけるための勉強」に関してですが、義兄曰く極めてシンプルで、「ただひたすら問題を解く」だそうです(笑)。

 

つまりこれについては、「問題集」が欠かせません。そして義兄曰く、問題集の選び方にもコツがあるということです。それは、

今の実力よりやや高めのレベルのもので、
なお且つ、解答欄の解説が充実しているもの。

 

この「解答欄の解説が充実している」というところが重要です。なぜなら自主学習を前提としているので、「なぜ間違えたのか」を自分で理解しなければいけません。したがって解答欄の解説が充実している必要があります。

 

またレベルについても、あまりにもかけ離れて難しいものは困りますが、自分の実力を伸ばすためには、やや高めのレベルのものを選んだほうがいいでしょう。

 

たまに解答欄に答えだけ載っていて解説がないものもありますが、自主学習となった場合、これでは困ってしまうでしょう。

 

問題集の買い方について

さて、問題集の買い方にも、ちょっとしたアイディアがあります。もちろん子供に本屋さんで選ばせてもいいのですが…「塾代きつくて払えない」ことから始めた学習方法ですから、少しでもコストを抑える工夫をしましょう。

我が家では、

  1. 子供に本屋さんで必要な問題集をさがしてもらう。
  2. 買いたい問題集を、Amazonで、子供自身で探させる。
  3. Amazonにあれば、そのリンクを親に送って
  4. 親がそれを購入する。

これはちょっとしたゲーム感覚でやってます(笑)。そして安く購入出来たら、その分少し「お小遣い」として渡してあげるようにしています。子供も楽しんでいますし(笑)。

 

なぜこんなことをするのかといいますと、Amazonマーケットプレイスで、中古で程度のいいものが、安価で出品されていることが多いからです。

 

1-2年前のものもあるかもしれませんが、ほとんど内容に変更はありません。それにAmazonであれば、注文してから2-3日中には自宅に届きます。

 

受験時期の対応について

さて、これまでは「学校での授業を理解する勉強」「受験に向けて、実力をつける勉強」についてのお話でしたが、中学3年のときには(あるいは高校3年でも同様なのですが)、具体的な受験対策が必要な時期に、必要なことがいくつかあります。

 

受験時期になりますと、自分が全体の中でどれくらいのレベルにいるのか。そして目標校に対してどれくらいの位置づけなのか、知っておく必要があります。

 

そこで受験時期においては、

 

学習塾主催の模試(その塾の生徒でなくても、うけられるケースが多い。)

夏休み、冬休みの短期講習

 

上記2つのの模試・講習に関しては、予算が許す限り参加させるべきです。塾代は払えなくても、なんとか講習代と模試代は、頑張って出してあげて下さい^^。それくらい重要なんです。

 

こういった短期講習では、受験をにらんだ模擬試験みたいなものも行われます。そういったことを通じて、「出題範囲が定められていない試験」を経験することができます。

 

そしてその結果から、自分がどの分野が弱いのかも分かってきます。そこに大きな意味があると思います。そしてその弱い部分について、今まで上で述べたサイクルに戻り、つまり、復習して理解を深め、さらに問題集をこなす。この繰り返しで、学習塾に行くのと同じ効果、場合によってはそれ以上の効果を得ることができるはずです。

 

実際長男は昨年、学習塾には行っていませんでしたが、いわゆる夏期講習・冬期講習、それから模擬試験の類のものは極力行かせるようにしました

 

そこで出てくる順位で、その時点での受験希望校に対する自分の位置づけを把握して(一喜一憂してましたけど(笑))、また自分の弱い分野も理解できていたようで、結果的にそのことが受験勉強でものすごく役にたったようでした。

 

塾代が高すぎて..全然大丈夫です

最後に要点をもう一度まとめておきます。

経済的な事情を、子供にきちんと伝える。

勉強の内容を二つに分ける。
【学校での授業を理解する勉強】 → スタディサプリの個別指導コースを利用。
【受験に向けて、実力をつける勉強】 → 問題集を利用

受験期の夏休み、冬休みの特別講習、模擬試験には、予算が許す限り参加する。

以上の点が実行できれば、学習塾に行かなくても全く心配ないことを、とりあえず長男が証明してくれました(笑)。

 

さて、我が家は今度は次男の番ですが、長男同様、塾には行っていません。ただ分からないことがあると、長男に教えてもらっています(笑)。これは「無料の家庭教師」なので、親としては毎月数万円(?)セーブできて、とても助かっています^^。長男には本当に感謝です。

 

受験生を持つ親として大変なことも多いですが、お金が無ければ無いなりに方法はあります。一緒に頑張っていきましょう!

 

学校での授業の理解を深める、スタディサプリのさらに詳しい説明はこちら。
一流講師の授業をいつでもどこでも 「スタディサプリ」

Copyright© 塾代がきつくて払えない~高すぎる!代わりに何かいい方法ないの? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.